So-net無料ブログ作成
検索選択

2010/11/07 写真は遅れてスタート

私がお店に着いたのは21:00頃。RAGのライブを終えて藤井さんが来られたのはそのすぐ後。
セッションは普段どおりの時刻に始まっていたのでしょう。
やや空いていたこともあり、ひとりひとりのソロはじっくり長めの落ち着いた時が流れていました。

3357.jpg3356.jpg3353.jpg

始まりからのホストピアノ・トリオ。
工藤明人さん, piano; 衛藤修治さん, bass; 高橋延吉さん, drums, conga.

3362.jpg

後から藤井美智さん, trumpet が加わり、カルテット

私が着いた時、既に高橋さんはcongaを叩いておられ、
いきなり素人的発言も何ですが、
おもちゃでも操るように面白そうでした。
珍しい楽器にはつい惹かれますね。

3354.jpg3364.jpg

そして、メインのドラマーはこのお二人。両人ともドラム・ソロの場面があり
いい見せ場と聴きどころありました。

3360.jpg3363.jpg3369.jpg

メインのホーンはこの三人。いつもどおりのいい感じでした。

3367.jpg3370.jpg

久しぶりにピアノ・トリオの一曲がありました。

3372.jpg

ギターはおひとり。曲の途中でコードをアンプに繋いでプレイは穏やかに始まる。
上手くいくものなんですね。

3373.jpg3375.jpg3379.jpg3380.jpg

トランペットはお二人。
音が出にくい瞬間を垣間見ると、難しい楽器なんだと再認識。
(殆ど音は出せないのだが、実は私もペットを持っている。)

3381.jpg3384.jpg3387.jpg3388.jpg

紅一点のヴォーカル。マイク不調(すぐ交換されましたが)でもよくとおるお声に驚きました。
その後は上級者が続々登場されました。

3390.jpg3392.jpg3394.jpg3395.jpg3396.jpg

いつもより時間短め入りも少なめでしたが、最終バスを忘れて最終前の地下鉄であたふたと
帰るほど、ホールにはいい音が詰まっていました。

2010/10/03 珍しく落ち着いたセッション

雨。京都の街中ではそれほどでもなかったが、近辺では警報が出ている所も...
ここ le club jazz は三日前の盛況とひと味違う、落ち着きに満ちた空間でした。

3241.jpg

ホストは左から、
平川勝朗さん, piano; 藤井美智さん, trumpet; 芝田 奨さん, bass; 棟 允嗣 さん, drums.

3243.jpg3245.jpg3246.jpg3247.jpg
3248.jpg3249.jpg

身内ばっかり(当セッションの超レギュラー)で始まりました。
個人的には、ホストのピアノは初対面で、新鮮みありました。

3251.jpg3252.jpg3253.jpg

続いてお馴染みのサックス。伺ってみると、学生さんなんだそうです。

3254.jpg3255.jpg3256.jpg3258.jpg

そして、前にもお耳にかかりましたバリトン氏。
はじめの印象は低音の魅力に尽きますが、アップ, ミディアムテンポでは
小刻みな歯切れのいい音でした。

3259.jpg3261.jpg3263.jpg

おそらく初めて(?)のドラマー氏とレギュラーのサックス氏。
冒頭に書きました「落ち着き」そのもののプレイでした。
じつは初めて、リードを間近で見せて頂きました。
これが震えて音になるのかと改めて感心。

3265.jpg3266.jpg3267.jpg3268.jpg

上の写真では後ろで見えませんでしたが、
ホストベーシストと見違い、聞き違いしてしまいそうなベーシストと
レギュラーのギター氏。

3269.jpg3271.jpg3272.jpg

紅一点は、久方ぶりだったのか(?)、私は初対面のピアニスト。
ホストのピアノと異なる音づくりで、耳に新鮮でした。

3274.jpg3275.jpg3277.jpg3279.jpg

登場プレイヤーが少ない分、ボスの出番がいつもより多めとか、
リズムセクションだけの長い時間があったりして、
ドリンク付き 2,000円で得したな~
なんて気分にもなるいい空間といい音に満ちていました。

因みに、三日前の盛況というのは、別のブログに置いてます。
http://hidebons-live-photo2.blog.so-net.ne.jp/2010-10-01

2010/08/01 ごく普通の盛況

7月が休みで久しぶりという感じのセッション
いちばん混んでいる時も、全員座ればちょうど満席程度の落ち着いたセッションでした。
おかげで皆さんの一音、一音、よく聴こえたし、写真も撮りやすかったです。

3129.jpg

19:45 ホストによるオープニング

3132.jpg3195.jpg3131.jpg3138.jpg

寺崎 純さん, piano; 矢野克宏さん, bass; 棟 允嗣さん, drums; 藤井美智さん, trumpet.

3128.jpg

20:00 セッションの始まり

3133.jpg3137.jpg3140.jpg

20:10 2曲目
3143.jpg3144.jpg3145.jpg

20:20 3曲目
3146.jpg3147.jpg3149.jpg3150.jpg

20:35 この時点で唯一の歌姫登場
3151.jpg3152.jpg

20:40 偶然、近所の席におららた方たち。落ち着いた色調の trumpet.
そして、滋賀県から来られた drumer さん。
3153.jpg3154.jpg3156.jpg3159.jpg

20:50 Trumpet 新調されたそうです。ハリのあるいい音でした。
    一方、guitarist さん。バツクの時は譜面見ながら慎重に。しかしソロは前向いてカッコよく。
3161.jpg3163.jpg

21:00 実は、お店に来られた時から注目していました。大きなケースから出てきたのは
    baritone sax. はじめの一音が楽しみで...
    場内、みなしびれました。
3164.jpg3165.jpg3167.jpg3169.jpg

21:15
3170.jpg3171.jpg3172.jpg3173.jpg

21:25 この後はレギュラーさん続々登場
3175.jpg3176.jpg

21:35
3178.jpg3180.jpg

22:00
3184.jpg3185.jpg3186.jpg

22:10
3187.jpg3189.jpg

22:20 Pianist ここでようやく交替
3191.jpg3192.jpg3193.jpg3196.jpg3197.jpg

22:55 二人目の歌姫
3198.jpg3200.jpg3201.jpg

23:10頃、長~い blues が始まり私は店を後にしました。
その後に登場された方もおられただろうにと、ちょっと未練引きずりながら。

いい曲、いい歌いっぱい聴かせて頂きましたが、どなたがどの曲だったか思い出すのは
難しいですね。
しっかり覚えているのは "That's All" くらいです。

どうでもいい話ですが、
写真が撮りやすかったのには、単純な理由があるんです。
夏場で白系のシャツが多く、オートで撮るには都合がいいんです。

ではまた、次回を楽しみにします。

2010/06/06 三条通りは "JAZZ&JAZZ Kyoto" で大いに賑わう

催しの主会場は「京都文化会館」・「新風館」、サブ会場は Le Club Jazz など多数。
夕刻、通りを歩いていたら音は漏れ聞こえ、昼から来るんだったと後悔...
そして、ルクラブ・ジャズ・ワークショップは今回もまた盛大でした。
他店のライブが終わってから来られたお客さんは席がなく立ち見。大変なものでした。
今回はほぼ半分見たところで退店しましたが、それでも大勢の出演で撮影枚数も多数有り。

開演から撮り始めました。まずはホストの4名。19:50.

3048.jpg3053.jpg3057.jpg3051.jpg
藤井美智さん, trumpet; 角田浩さん, piano; 芝田奨さん, bass; 斎藤洋平さん, drums.
先月この店で京都コンポーザズ・・・を聴きましたが、同じメンバーです。
3067.jpg3049.jpg

写真でわかるとおり、この時間はまだ空いているんです。
レンズは135ミリ(フィルムサイズでは200ミリ相当)でマニュアルフォーカス
そう、撮影は余裕...
なんて感覚は30分持ったか、持たなかったか?

セッションの始まりは初登場の sax.

3069.jpg3070.jpg3071.jpg3075.jpg

2曲目。普段はよくトップバッターを勤める trumpet. バックは総入れ替え。
3076.jpg3080.jpg3081.jpg3083.jpg

たぶん3曲目。続いて常連さんの trumpet.
3084.jpg3085.jpg3088.jpg

この辺りまで来ると、何曲目も怪しくなるので、だいたいの時刻で、20:35.
3089.jpg3091.jpg3092.jpg

4月にもご登場されたメンバー等々、20:45.
3096.jpg3098.jpg3101.jpg3102.jpg
3109.jpg
合間のスナップは、ご希望頂ければいつでも撮ります。
みなさん、記念にいかがですか~~

この辺りから、フロント賑やか。21:00.
3104.jpg3105.jpg3106.jpg3107.jpg3108.jpg

Saxは上に書いた京都コンポーザーズのおひとり。21:10.
3110.jpg3111.jpg3114.jpg

今回、最も個性的だったpiano(すみません、私感です。), 21:25.
3115.jpg3116.jpg3118.jpg

しきり直しで登場されたguitar, 21:30.
3120.jpg

常連のみなさま, 21:40.
3121.jpg3123.jpg3124.jpg3125.jpg3126.jpg

他、いつも来られる常連さんたちは、まだ入り口付近にたむろして順番待ち。
また、ゆっくりできる時に聴かせて頂こうと思います。
あと1時間長くその場にいたら、仕上がりは翌々日になってしまいそうで、
一発必中で撮る技術を身につけねばならないって感じです。
因みに、間違いなく一曲ひとくぎりでupしたとすれば2時間で11曲聴いたという計算です。
準備もいれて、1曲10分程度ということですね。

2010/05/02 大入り

Golden Weekのさなか。もしかして、家族サービスの方が多くて空いているのでは...?
翌日がお休みだから、余裕で大勢来られるのでは...?
正解は後者でした。
20時を過ぎた頃から、ホールはほぼ満席で、セッションに参加される人数も
もちろん多くて、大盛況となりました。

2902.jpg
これは20:32. フロントがナント5人(写真からはみ出した方、一人二人いたような気も...)

今回も撮影順にいっぱい並べてみました。
20h~
2893.jpg2894.jpg2895.jpg2896.jpg2897.jpg2898.jpg2899.jpg2900.jpg2901.jpg2904.jpg2906.jpg2909.jpg2910.jpg2911.jpg2912.jpg2915.jpg2916.jpg

カメラマンの位置というのは、だいたいセンターの後方。元々動くとまわりからは目障りな存在。
今回は大盛況の故、動くスペースも限られ、望遠レンズによるアップが多いです。
21h~
2917.jpg2918.jpg2919.jpg2920.jpg2923.jpg2924.jpg2926.jpg2927.jpg2929.jpg2930.jpg2931.jpg2932.jpg2933.jpg2934.jpg2935.jpg2936.jpg

近くの席にいらした方に、いろんなお話聞かせていただきました。
「なかなか普段の実力を発揮できるものではない」、なんて。
見聴きしているぶんには、みなさん伸び伸びハツラツでプレイされているようで、
お顔の表情にはそれが表れているように見えているんですけどね...
22h~
2938.jpg2939.jpg2941.jpg2943.jpg2944.jpg2945.jpg2947.jpg2948.jpg2949.jpg2951.jpg2952.jpg2953.jpg2954.jpg2955.jpg2956.jpg2957.jpg2958.jpg

そろそろ終わりも近いのですが、ホストのお顔見つけられましたでしょうか?
プレイヤー全員撮る!」を目標に掲げたのに、誠にお恥ずかしい話で、ホストのプレイ姿を
撮るのを忘れてしまいました。
他にも、撮りそびれてしまった方、やっぱり何人かいるだろうな...
23h~
2959.jpg2960.jpg2961.jpg2962.jpg2963.jpg

すべての写真、Nikon D300というカメラで撮っています。
使い始めて約一年で、ライブの撮影で使えそうな機能をようやく習得できたかなってところです。
これからも、ワークショップで、その瞬間の音が思い出せそうな写真を目指して
いっぱい撮っていきたいと思います。
登場されたすべての方、ありがとうございました。

2010/04/04 初回撮影ひとまず成功

さて、始まります。
ライブの撮影はこれが27回目。まぁまぁ撮れるようになってきましたので、ホストに志願して
ジャズワークショップカメラマンになりました。
ホストだけでなく、とあるトランペッター, ドラマーさんから暖かい助言も頂戴し、この日を迎える
こととなりました。
私の言葉は後で書き加えることもできるので、とりあえず皆さんに写真をご覧頂きましょう。
曲ごとに写真をまとめて、曲目を揚げることを当初の目標にしていたのですが、今回は大雑把に
時間帯別にまとめてみました。

20:00~
2782.jpg2783.jpg2784.jpg2785.jpg2786.jpg2788.jpg2790.jpg2791.jpg2792.jpg2793.jpg2795.jpg2798.jpg2799.jpg2800.jpg

21:00~
2803.jpg2806.jpg2807.jpg2808.jpg2810.jpg2811.jpg2812.jpg2813_16_17.jpg2815.jpg2818.jpg2820.jpg2821.jpg2822.jpg2823.jpg2825.jpg2826.jpg2827.jpg

22:00~
2829.jpg2830.jpg2831.jpg2834.jpg2835.jpg2836.jpg2838.jpg2840.jpg2843.jpg2844.jpg2845.jpg2846.jpg2847.jpg2848.jpg2849.jpg2852.jpg2854.jpg

写真に写られた方、また同じ部屋で同じ空気を吸ったみなさま。
4/4は「○×△な夜だった...」などいろんな感想をお持ちのことと存じます。
"No. xxxx は私だ~" てな調子で、コメント頂ければ有り難いです。
じつは、何名か撮れなかった人がいます。次回は撮りモレのないよう、また励みます。

始めますのご挨拶

hidebon (mixiネーム) こと、浅田と申します。

2010/03/07, 藤井美智さんがホストのル・クラブ・ジャズ
ジャズワークショップに初めて行ってみました。
持ち込みの楽器はトランペットがやや多め。
もちろんサックス、ヴォーカルは出てくるし、ピアノトリオだってある。
お店が広いからフロントは3管、4管が立ち並んでも平気!

みなさんの音やお声にしびれつつ、じっくり眺めると
プレイするお姿と表情がカッコ良くて、絵になっている。
これはカメラに収めて記録してみたいと感じて、
ジャズワークショップのページを作ることになりました。

さて、次回が楽しみです。

写真が掲載できたら、プレイヤーご本人のコメントや
応援メッセージ、生憎これなかった方の残念談、
はたまた、「もっと上手に撮ってくれ!」などhidebonへのお叱り励まし
等々にぎやかになることを期待しています。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。